So-net無料ブログ作成

病院薬物混入事件で医師の実刑確定へ 最高裁上告棄却(産経新聞)

 京都市右京区の国立診療所(現・国立病院機構)宇多野病院で平成10年10月、ポットに毒物のアジ化ナトリウムを入れて、医師7人を薬物中毒にさせたとして、傷害などの罪に問われた同病院の元内科医長、石田博被告(53)に対する差し戻し後の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は、石田被告側の上告を棄却する決定をした。懲役1年4月とした差し戻し1、2審判決が確定する。決定は1日付。

 差し戻し後の1、2審判決によると、石田被告は10年10月28日、院内の談話室で電気ポットの湯にアジ化ナトリウム約0・8グラムを入れ、ポットの湯でコーヒーなどを飲んだ同僚医師7人に急性薬物中毒症状を起こさせた。

 石田被告は捜査段階で犯行を自供したが、公判で否認に転じた。1審京都地裁は自白調書の任意性に疑いがあるなどとして、無罪を言い渡したが、2審大阪高裁が破棄し、差し戻した。この判決を不服として、石田被告側は上告したが、最高裁は棄却し、審理がやり直されていた。

 差し戻し後の1審は石田被告の犯行を認定。2回目の控訴審もこれを支持していた。

【関連記事】
ガーゼ20年間、体内に放置 愛知・東海市民病院で医療ミス
腹部にキャップ置き忘れ 長崎・佐世保市立病院で医療ミス
患者死亡で山本病院理事長ら逮捕 奈良、業過致死容疑で
医療センターのミス認定 岐阜県に1670万円賠償命令 名古屋高裁
14年前の医療ミスで市立病院を提訴

ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?(産経新聞)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)
病院薬物混入事件で医師の実刑確定へ 最高裁上告棄却(産経新聞)
協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し−与党3幹事長が確認(時事通信)
昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。